【ガンダム】値段15万円!AI搭載の「ハロ」が7月下旬に予約開始!


ガンダムのAIロボット「ハロ」 7月下旬に予約開始 15万円

画像
  l_ne_gundamhaloai_01


バンダイは6月4日、AI(人工知能)搭載の対話型ロボット「ガンシェルジュ ハロ」の予約受け付けを7月下旬に始めると発表した。
本体価格は14万9040円(税込)。
別途サーバ利用料が掛かるが、初回発売月から12カ月間は無料の予定。

AI(人工知能)搭載の対話型ロボット「ガンシェルジュ ハロ」
 バンダイナムコグループが取り組む「BN・Bot PROJECT」の第1弾として、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するペットロボットを再現した。
ガンダムの知識を豊富に持ち、ユーザーに質問したり、うんちくを語ったり、クイズを出したりする。

会話機能を搭載
  l_ne_gundamhaloai_02

ガンダムの知識が豊富
  l_ne_gundamhaloai_04


例えば「ガンダム、パイロット、ダレ?」「アムロ以外、ガンダム乗った、ダレ?」といった質問をしてきたり、「シャア、ガルマ、士官学校の同期」「ザクレロ、デミトリーがシャアに無断で出撃」などのうんちくを語る。

ユーザーの発言を音声認識し、意味と意図を分析してデータベースからふさわしい会話を選び、応答するという。
ボイスは声優の新井里美さんが担当した。

目と口にはLEDライトを内蔵し、色や点滅で表情を演出。耳に当たる部分を開閉できる他、前後左右に揺れたり、話者の方向に向きを変えたりもできる。
ボディーに内蔵した手足を外に出すことも可能。

ディスプレイ方法
  l_ne_gundamhaloai_03


AI技術は日本アイ・ビー・エムが開発を協力。
ハロ本体の機構や回路設計、生産はVAIOが担当する。
ハブとなる専用のサーバはバンダイナムコスタジオが構築している。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1806/04/news073.html


続きを読む