街灯こそあるものの夜で暗かったためかそこで事故にあった。覚えてるのは、とっさに彼を突き飛ばしたこと。気がつくと半月くらい経っていて、右足膝下がなくなってた

鬼女事件簿 add_1();727:名無しさん@おーぷん2016/01/06(水)21:33:28ID:rOyグロ注意かも?読みにくいと思います。ごめんなさい。ちょうど6年前に2つ年下の彼氏がいました。猛アプローチを受けて付き合い始めたのですが、純朴で可愛くて子犬みたいで、何より優しくて誠実で大好きでした。ある時、デートをしていたのですが、その帰り道、街灯こそあるものの夜で暗かったためかそこで事故に会いました。覚えてるのは、とっさに彼を突き飛ばしたこと。少なくとも私には痛いっていう感覚はありませんでした。気がつくと半月くらい経っていて、右足膝下がなくなっていました。彼からは何度も私の両親を通じて、「そっちに行ってもいい?」と聞かれていたのですが、とりあえず「来ないで」と伝えていました。ああ、捨てられるんだろうな。私だって無理だし。仕事もどうしよう。親に迷惑かけるな。親がタヒんだらどうしよう。と色々と考えていました。結局、事故から一ヶ月経った時に彼に来てもらって、どういう要件だったのかを聞こうと思いました。彼にその場で土下座されて、庇って助けてくれたことの感謝と謝罪をされて、「良ければ一生一緒にいたいです。支えさせてください。」とプロポーズされました。彼の両親は反対こそしませんでしたが、私の両親も大反対したそうです。しかし、彼が私の両親に土下座して頼み込んで、私の両親も「もうこの先私は結婚は無理だろうから」と結局許したそうです。彼は次男だったので、私の家にお婿に来るという形で結婚しました。しかし、そこから旦那は相当に辛かったと思います。父が気を遣うだろうと、家の近くの土地に夫婦2人で住むには困らないくらいの仮住まいのようなものを建ててくれたのですが、それまでは母屋で暮らしていました。しかし、特に父や妹とは当初、上手くいかなかったようです。(事故のことが原因で)私の妹からとてつもなく敵視されていましたし、私の見ていない所でひどい嫌がらせまでしていたようです(両親は見つける度に強く怒っていたようですが…)。また、父も普段は優しく接して(事故の前には既に紹介