「ファンネル」の実現まであと少し?!3機の航空機と脳波で通信して操縦可能な技術が実現 

933f985a


脳そのものに取り付けた電極を使って考えている内容を読み取り、シミュレーターでステルス戦闘機「F-35」を飛ばすことに成功していた技術がさらに進化し、今度は3機のドローンの群れを操縦することができるようになりました。
さらにこの技術では、操縦者はドローンからの信号を受け取ることも可能になっており、双方向にやり取りをしながら操縦できるようになっているとのことです。

この技術は、アメリカ国防総省の一機関である国防高等研究計画局(DARPA)が開発を続けてきたもの。
DARPAは2015年、四肢が麻痺した女性の脳に電極を埋め込み、考えるだけでシミュレーター上の飛行機を操縦させることに成功しており、今回の技術はその延長線上にあります。

「考えるだけ」でロボットアームを自在に操る女性がステルス戦闘機F-35を飛ばすことにも成功 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20150412-woman-fly-f-35-mind/

2018年9月6日、DARPAは設立60周年記念式典の中でこの技術の発表を行いました。
DARPAのバイオテクノロジー部門を率いるジャスティン・サンチェス博士はその席で、「今日の時点において、脳の信号を使って1機だけではなく3機の航空機を同時に操縦することが可能になりました」と述べています。

さらに重要なのは、この技術ではシミュレーター上の航空機から送られてくる信号が操縦者の脳に直接入力されるところにあります。
実験には、四肢が麻痺したネイサンと言う名前の男性が参加しており、脳に取り付けられた電極を通じて航空機との「コミュニケーション」を実施。
サンチェス氏は「航空機からの信号は脳に直接送り返され、パイロットの脳は環境を認識することが可能です」と語っています。

実験の詳細な様子は明らかにされていないようですが、今回の技術を言い換えると、麻痺した手足の代替として脳波を使って航空機を操縦するだけでなく、航空機の状況を把握しながら総合的にコントロールすることが可能になっている模様。
操縦者の頭の中でどのような光景が見えているのか非常に気になるところですが、まさに「テレパシー」ともいえるような技術が実現しようとしているのかもしれません。

DARPAはこの技術を「ほんの数カ月前」に実現したとのこと。
急速に発展している脳コンピュータインターフェース分野において非常に画期的な進歩といえる今回の発表は、いずれはガンダムシリーズに登場する遠隔操作型機動砲台「ファンネル」の実現を期待してしまうものといえそうです。

https://gigazine.net/news/20180914-darpa-brain-wave-drone-control/


続きを読む

今後実現しそうなガンダム世界の技術★

0: 2018年01月09日 17:41

最近あった家電ショーでニッサンが「脳波を読み取って次に行うハンドル操作の補助を行うシステム」を発表したのを見て、「これ、あと一歩でサイコミュじゃん」と思いました

こんな感じで、これまでガンダムのフィクションだよねと思っていたのが、今後実現してしまいそうな技術等は他にどんなのがありますか

20180107-00000009-impress-000-1-view



続きを読む

※今後実現しそうなガンダム世界の技術

0: 2018年01月09日 17:41

最近あった家電ショーでニッサンが「脳波を読み取って次に行うハンドル操作の補助を行うシステム」を発表したのを見て、「これ、あと一歩でサイコミュじゃん」と思いました

こんな感じで、これまでガンダムのフィクションだよねと思っていたのが、今後実現してしまいそうな技術等は他にどんなのがありますか

20180107-00000009-impress-000-1-view



続きを読む

企画から10年…「ガンダム開発計画」はどうなった?防衛省担当者に聞く

あなたは連邦派? それともジオン派? 往年のガンダムファンにとって、「陸上自衛隊にモビルスーツ(以下、MS)が配属されている」と聞けば、さぞ心が躍ることだろう。実は10年前、防衛省は当時進めていた『先進個人装備システム』のことを“ガンダムの実現に向けて”と銘打って取り組んでいた。あれから10年、東アジアの国際問題がきな臭くなる中、果たして新MS開発の進捗具合はどうなっているのか、防衛省の担当者に聞いた。

■攻撃ヘリを圧倒!「ガンタンク」にそっくりな自衛隊装備

ファンの一部から「ガンタンク」と呼ばれる【87式自走高射機関砲】略称:87AW 愛称:スカイシューター(陸上自衛隊HPより引用)
1509625974384

 自衛隊の中で、非公式の愛称ながら「ガンタンク」と呼ばれる装備がある。それは『87式自走高射機関砲』。防衛省での略称は「87AW」、広報向け愛称を「スカイシューター」としている本機関砲は、捜索・追随レーダーと射撃統制装置が連動することで敵の攻撃ヘリを効果的に撃墜する陸自が誇る対空火器。炸裂弾を使用しており、その攻撃力は堅い装甲を誇る空対地ヘリもひとたまりもない。高価な兵器で日本国内にわずか52両というレア感と相まって、ファンからの人気が高い装甲戦闘車両だ。そのルックスが人気アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するMSに似ていることから、ファンの間で「ガンタンク」とも呼ばれている。元陸自隊員のライター・井上晋太郎氏は、「当時最新だった87式自走高射機関砲は実際に目にしたことはありませんが、こうして見ると『機動戦士Zガンダム』に登場する『ガンタンク2』に似ていますね(笑)。私は首都圏の普通科連隊(歩兵)に所属していたのですが、偵察隊や戦車大隊の機甲科には憧れていました」と、骨太な戦闘車両は“男の浪漫”を刺激すると力説する。

■「ガンダム開発」計画は次の段階に突入

装着する隊員が使い易く、防護力・攻撃力が高まるシステムであり、隊員の任務遂行能力向上を目的とした『先進個人装備シテム』
1509626148467

 防衛省では以前、“ガンダムの実現に向けて”と銘打った企画が進行していた。ガンタンクの次はガンダム? それは聞き捨てならないということで、防衛省の担当者に『ガンダム開発』計画について話を聞くと、当時、旧技術研究本部が主催した『防衛技術シンポジウム2007』において同コピーが記載されていたようだ。担当者は「このシンポジウムは、防衛省が行う研究開発活動において国民の皆様にご理解いただけることを期待し、旧技術研究本部技術企画部が企画し、各研究所等から発表を行っていました。現在は『防衛装備庁技術シンポジウム』と名称を改めていますが、今に至るまで毎年開催しています。従来から本シンポジウムにおいては国民の皆様に親しみを抱いていただけるよう、わかりやすいキャッチコピーを使用するなどの様々な工夫を行っています」とのこと。

 つまり「ガンダムを開発する」と防衛省が発表したわけではなく、最新技術を国民にわかりやすく伝えるため、“ガンダム”を例えに出したということが真相だ。前出の井上氏は「当時想定された『先進個人装備シテム』は、装着する隊員が使い易く、防護力・攻撃力が高まるシステムであり、隊員の任務遂行能力向上を目的としたもの」と説明。では、その計画は今どうなっているのだろうか。

 防衛省担当者は「『先進個人装備システムの研究』は一定の成果を得て事業を終了。他方、隊員の任務遂行能力向上という目的の技術研究としては、現在は、隊員の機動力を高めたり、不整地でバランスを崩さずに任務を遂行したり、大きな力を出すことを目指した『パワードスーツ』関連の研究に軸足を移している」と、計画は次のフェーズに移ったと語る。
『パワードスーツ』研究の進展次第では巨大ロボットが誕生!?

男性にとって人型の巨大ロボットは永遠の夢。だが防衛装備庁は「隊員の代替となるような人型ロボットの研究については現在実施していない」とのこと。一方で、防衛省担当者が言うように、パワードスーツ関連の研究にシフトしている点は見逃せない。
 その点について井上氏は「ガンダムをはじめ、様々なSF作品に影響を与えた、ロバート・A・ハインラインの『宇宙の戦士』(1959年)というSF小説があります。この作品内で歩兵が着用する『強化防護服=パワードスーツ』が登場し、これこそMSの“原案”とも呼ばれているんです」と説明。だからこそ、パワードスーツ研究が進めば、いずれはガンダムのような巨大ロボットが誕生する可能性も!? とSFファンの夢は募る。「効率化などで考えれば自律の無人機などが現在の兵器開発の主流です。でも、やはり搭乗型の人型ロボットに憧れてしまうのが、“男の浪漫”ではないでしょうか」(井上氏)

http://news.livedoor.com/article/detail/13839948/


続きを読む

原理は「Zガンダム」のバリュートシステム?! 超小型衛星、再突入実験成功


原理は「Zガンダム」装置 超小型衛星、再突入実験成功

AS20170623005148_comm

超小型衛星をゆっくり再突入させる実験のイメージ

AS20170623004396_comm
超小型衛星と展開した膜=23日、東京都千代田区、田中誠士撮影

 耐熱性の膜を広げて、超小型衛星をゆっくりと宇宙から大気圏に再突入させる実験に成功したと、東京大などが23日発表した。
現在は高温になる再突入の危険性を減らす技術につなげられるという。

 研究チームは1月、全長34センチの超小型衛星「EGG(エッグ)」を、高度約400キロを回る国際宇宙ステーション(ISS)から
地球に向けて放出した。

 EGGは、防火服と同じ材質でできた膜(直径80センチ)に空気を入れて傘のように広げて、薄い空気の抵抗を受けて速度を
落としながら、約3カ月かけて降下。
5月中旬、赤道付近の太平洋上の高度約95キロで計画通り燃え尽きたという。

ソース:朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASK6R4DPBK6RUBQU00K.html



続きを読む